本国のページ         

The Evolution of Imaging -イメージングテクノロジーの革命-





ハンド・ヘルド・プロダクツ社は、お客様の生産性向上、低コスト化、顧客サービスの強化をお手伝いする革新的なイメージングソリューションで常に市場をリードし続けます。第1世代から第4世代の技術において、ハンド・ヘルド・プロダクツ社のエンジニアたちは、新しいバーコードシンボルやアプリケーションに備えつつ、今日の課題を解決するイメージング技術の向上を実現してきました。広範囲な研究開発に20年以上力を注いできたハンド・ヘルド・プロダクツ社が、Adaptus イメージングテクノロジーによる次世代イメージングソリューションを可能にいたします。


1996年 - 1st Generation 〜第一世代〜
ハンド・ヘルド・プロダクツ社はハンドヘルド型スキャナーに、第一世代イメージングテクノロジーを搭載しました。しかし、当時の業界において革新的なものではありましたが、レーザースキャナー技術と比べ優位性を見出せませんでした。

1997年 - 2nd Generation 〜第二世代〜
第1世代に対し画像技術の発展により光学系および画像品質が改善されました。この技術はハンド・ヘルド・プロダクツ社製品に展開されましたが、業界ではレーザー技術の代案としてはまだ優位性が認識されてませんでした。

1998年 - 3rd Generation 〜第三世代〜
リニアイメージャー「IT3800」を製品化いたしました。リニアイメージャーはレーザー技術に匹敵する性能を備えた技術革新として広く認められました。「IT3800」は2005年までに世界中で100万台以上を販売した大ヒット商品となり今も尚あらゆる現場でご活用いただいております。

2000年 - 3rd Generation 〜第三世代〜
業界の世界標準であったレーザー技術に対して、イメージングテクノロジーをスキャナー製品からモバイルコンピューター製品までに採用いただき、多くのアプリケーションにおいて、レーザー技術の代案として認められました。1つのデバイスで複数の機能を提供することで、アプリケーションの応用が飛躍的に拡大いたしました。

2003年 - 4th Generation 〜第四世代〜
Adaptus イメージングテクノロジーを製品化いたしました。イメージングテクノロジーは多くの基礎性能においてレーザー技術に対して同等以上のものとなりました。データ収集、モバイル、トランザクション処理などの多様な機器においてAdaptus イメージングテクノロジーをプラットフォームとして搭載することにより、1つのデバイスでバーコード読取り、画像キャプチャや、ID照合などの複数の機能が可能になりました。

2006年代 - 5th Generation 〜第五世代〜
これまでの世代で培ってきたコア技術を維持しつつ、Adaptus イメージングテクノロジー5.0は読取深度の向上、移動物の読取り向上、低光源環境下での読取り改善、読取り時間の短縮、解像度と画像品質の改善を更に向上させました。Adaptus イメージングテクノロジー5.0によってもたらされた技術革新がいろいろな用途で容易にご使用いただけます。